スポンサードリンク

グラッと来たら、まずは頭を守りましょう。

地震発生時や避難時に必要不可欠なものとして、ヘルメットや防災頭巾があります。

ヘルメットは頭部中心ですが、防災頭巾は頭部から肩まで守ってくれます。

防災頭巾はヘルメットほどの丈夫さはありませんが、頭から首、肩を覆っているため、頭部や髪の毛などを熱から守る効果も期待できます。

逆にヘルメットは防災頭巾より、丈夫に作られていますので、硬い落下物などには大きな効果を発揮します。

防災頭巾はどちらかというと、衝撃に備えるというよりも、火災発生時に効果を発揮するものとも言えます。

ですので、地震発生直後には、落下物からまず頭を守るために、ヘルメットをかぶり、火災発生後の避難時には、防災頭巾も効果があると思います。

防災頭巾に水分を含ませることで、燃えにくくすることができるものもあります。

備えあれば憂い無しということで、両方、持つことが理想ですが、ご家庭では置き場所などの問題もありますので、家族で話し合いのうえ、最善の方法を検討してください。

身近に防災頭巾やヘルメットが無い場合でも、決して慌てずに、とにかく頭部を守ることを考え、座布団やクッションなどを頭にかぶせるなど工夫してください。

防災頭巾のメリット
頭部、首、肩まで広範囲に覆うことができる。

保管スペースが少なくて済む。

火災に対して燃えにくい。

 

ヘルメットのメリット
頭部については、硬い落下物に対し、強度が高い。

かさばるので保管スペースの検討が必要。

視野が広く、音が聞き取りやすい。