スポンサードリンク

地震発生時の行動

地震発生時には、時間が経過するごとに取るべき行動が

変わっていきます。

地震発生時に何をするべきか、日頃からのイメージが重要です。

 

地震でけがをしないために

身の安全を確保しましょう。

即座に机、テーブルなどの下に隠れ身の安全を第一に。

家具類やガラス戸から離れ、座布団やクッションなどで頭を保護。

 

火の始末

自分の家から火事を出さないように心がけましょう。

台所やストーブなど、火の始末をしましょう。

避難時は、電気ブレーカー、ガスの元栓も切りましょう。

 

状況に応じて避難

脱出口を確保しましょう。

地震の揺れにより建物が歪み、出入り口が開かなくなる

可能性があります。

出来るだけ早めに玄関ドアや窓などを開けておきましょう。

火災の拡大、建築物の倒壊、地盤の崩壊など、

危険を感じた時には避難しましょう。

そのような危険がなければ、出火防止や初期消火につとめてください。

怪我人を発見した時には、回りの人と協力して、救助活動を行います。

応急手当の知識がある方は、必要に応じて応急処置を施します。

 

正しい情報を集める

噂やデマに惑わされないよう、広報車、ラジオ等で正しい情報を集めましょう。

 

外出時の対応

デパート、コンビニなどでは

カバンなどで頭を保護し、窓や商品棚から離れます。

店員、係員の指示に従って行動しましょう。

 

商店街やビル街では

その場では立ち止まらず、頭をカバンなどで保護し、

空き地などへ避難してください。

 

電車や地下鉄では

乗務員の指示に従い、落ち着いて行動しましょう。

 

車の運転中は

少しずつスピードを落とし、安全な道路の左側に寄せ、

エンジンを切り、カーラジオで情報を収集しましょう。