スポンサードリンク

家族全員で事前会議

災害は突然やってきます。

地震や風水害など、突然発生する災害に対し、日頃から家族全員で

話し合っておくことで、慌てずに落ち着いて行動できるようになります。

 

家族の役割分担

日常の予防対策上の役割や、非常用持ち出し品の確認、

火の元の確認など災害発生時の役割について決めておきましょう。

乳幼児、障害者、高齢者、病人がいる場合などは、

災害時に誰が誰を保護するか話し合っておきましょう。

 

自宅の危険箇所チェック

まず家の中で安全な場所はどこか確認しておきましょう。

家具の配置換えによる安全なスペースや、屋外への出口を確保したり、

家具の転倒や物品の落下を防ぐ方法を考えましょう。

自宅周り、家屋や室内の危険箇所について確認し、

修理や補強の必要があるか確認しておきましょう。

 

非常用持ち出し品の確認

飲料水は、1人1日、3リットルを目安に、保存のきく食料を

最低3日分は確保しておきましょう。

また加熱器具、懐中電灯、携帯ラジオなども用意しておき、

電気、水道、ガス、電話などのライフラインが途切れた

場合に備えましょう。

非常用品の置き場も、家族全員が知っておくことも大切です。

 

万が一の家族との連絡方法や、避難場所・避難経路の確認

家族が離ればなれになった時に集まる場所を決めたり、

避難コースの道順や危険箇所についても話し合いましょう。

みんなで散歩などをしながら下見をしておくと良いでしょう。