スポンサードリンク

地震で怪我をしないようにすること、しておくこと

地震で怪我をしないために、日頃から防災に対する意識が重要です。

まずは自宅の中、自宅周りの危険を確認しましょう。

 

家具、電化製品の転倒、移動を防ぐ

転倒した家具や家電製品などで火の始末や消火作業、

人命救助が妨げられては大変です。家具調度品の配置を考えましょう。

家具や家電製品の転倒、移動でドアや戸が開けられなくならないように

設置場所や金具で固定をしましょう。

避難のためのルートが塞がらないように注意しましょう。

 

落下物をなくす

シャンデリアなど重い照明器具をしっかり固定しましょう。

居間や寝室のたんすなどの上にテレビ、オーディオ、水槽、

ガラスケース、割れ物などを置かないように注意しましょう。

 

ガラスでのケガを防ぐ

ガラスには、飛散防止の透明フィルム貼ることも有効です。

居間、寝室、キッチン、ダイニングの窓や食器棚、本棚などの

ガラスには飛散防止の透明フィルムを貼っておきましょう。

寝室の窓、ガラス戸にはカーテンをつけておきましょう。

 

履物・懐中電灯

履物と懐中電灯を手に取りやすい所に置いておきましょう

 

自宅周りの安全確認

ブロック塀や門柱の点検をしておきましょう。

事前に鉄筋が入っているかなど専門家に点検をしてもらいましょう。

屋根瓦、エアコン室外機などの付属物の落下防止にも注意が必要です。