スポンサードリンク

身の安全の次に火の元確認

地震の際、各家庭で火事を出さないための対策が大切です。

大きな地震の発生時には、自宅付近で火災が同時に起きたり、

幹線道路が渋滞し消防車が通行不能になったり、

水道管破裂による消火用水の不足等により、消防機関の活動は

通常の火災の場合よりも大幅に制限されます。

火災が発生した場合には、水や消火器を使い、

なるべく早い段階で消火を心がけましょう。

 

消火器を用意しましょう。
火災の初期段階には消火器が非常に効果的です。

家庭用ご家庭の消火器では、粉末消火器が一般的に

普及しています。

これは粉末状の薬剤が酸素を遮断して燃焼を止める

ようにする消火法です。

消火器消火器は誰でも分かる場所に取り出しやすく

設置しておきましょう。

 

三角バケツを設置しましょう。
三角バケツは水を入れて室内のコーナーに置いておく容器です。

自宅に三角バケツを最低2個は身近な場所に備えておきましょう。

容器内の水を数回に分けて掛けられる特性を備えている

便利な消火用のバケツです。

 

出火した時の対応
大きな声で周囲の家族や近所の人に知らせ、

初期消火の行動を行いましょう。

消火器やお風呂の残り湯、冷蔵庫内のペットボトル飲料、

牛乳、鍋の汁、ポットの湯なども利用しましょう。

床などの火は、水分を含ませたバスタオルや毛布をかぶせて

空気を遮断するのも効果があります。

もし天井に火が燃え移ったら、家の中に居る人はすぐに避難しましょう。

 

消化時に注意すること
天ぷら油の火災では、いきなり水をかけてはいけません。

消火器を使うか濡れたふきん等を被せましょう。

 

電気でも火災が起こります。
過去に大地震が発生した時には、電気が起因する火災が

発生したと言われています。

このような火災から人命や大切な家屋を守るために、自宅から離れて

避難する際には電気のブレーカーを切りましょう。

また大きな揺れが発生した時に、自動で電気の供給を遮断する

感電ブレーカーを設置することが有効な手段となります。