スポンサードリンク

災害時に備えて何を準備する

大規模災害が発生した後、電気、水道、ガス、通信、交通などの

ライフラインが復旧するまでは、何とか耐え凌ぐしかありません。

 

まずポイントとなるのは、生命を守るという観点から、

最低3日分の備えを用意しておきましょう。

 

飲用水、ポリタンク
・飲用水
飲用水は、1人1日、2~3リットルが目安となります。

この他に清潔保持などに生活水も必要となります。

乳幼児の湯あみや清拭、洗い物など、ご家族の人数や

状態を考えて準備しましょう。

 

・ポリタンク
貯水用に18リットルくらいのポリタンクが良いでしょう。

ポリタンクの中身は定期的に取り替えましょう。

飲用する場合には煮沸消毒してから飲みましょう。

 

その他、水洗トイレは、お風呂の残り湯を利用する。

地震発生後、水道が使えるうちに、浴槽に水を溜めておくことを

お勧めします。

また地震発生に備え、お湯の張替えまでは浴槽に溜めておくことも

検討してください。

 

燃料
卓上カセットコンロや固形燃料が一般的です。

都市ガスは、地域全体の安全を確認してからでないと、ガスが

供給されませんので、かなりの日数を要する可能性があります。

プロパンガスの流通、供給も十分でなくなることも予想しておきましょう。

 

地震発生後、火災を起こさない為、必ずチェックをしておきましょう。

ガスのメーターコックを閉める。

プロパンガスボンベのガス漏れの確認。

電熱器具のコンセントを抜く。

 

照明
懐中電灯、予備の電池などを用意しましょう。

電気の供給もガスと同じく、安全の確認が条件となりますので、

かなりの日数を要する可能性があります。

懐中電灯は家族1人に1個、予備の電池は十分に用意しておきましょう。

 

食料
食べ物と飲用水と燃料はセットで用意しましょう。

各種の保存食品があるので、家族の状態に合わせて調節してください。

レトルト食品や缶詰など、保存期間の長い食料品は、保存期間を

こまめにチェックしましょう。

赤ちゃんのミルク、離乳食、幼児のおやつなどもストックしましょう。