スポンサードリンク

災害時の情報収集

災害時に、困ったことで多かった意見に、通信手段が途絶え情報収集が
出来なくなってしまったことです。

そんな状況を考えますと、どのような手段で状況確認するのが
良いでしょうか。

情報収集の手段として考えられるのが、テレビ、ラジオ、インターネット、
スマートフォン(携帯電話)などを思い浮かべますが、

実際に被災した際に、電気の供給が止まっていれば、
テレビやパソコンのインターネットは利用出来ないことが考えられます。

利用出来るもの言えば、バッテリーで動く機器で、スマートフォン
(携帯電話)やラジオが一般的かと思います。

バッテリーで動くと言っても、充電が切れてしまえば、
スマートフォンやラジオも利用できなくなってしまいます。

やはりテレビやパソコン、スマートフォンなどは、電力が途絶えると
全く利用できなくなってしまいます。

被災後のことを考えれば、何となく想像できると思いますが、
携帯電話などは、しばらく混線状態が続き、安否確認すら困難な状態でした。

つまり停電や通信インフラが破壊されると、通話規制などが影響し、
外部からの情報が一切入ってきません。

そうなると、利用できる機器は限られ、電池で動く機器や手動で
発電できる機器になります。

ラジオは電池があれば聞けますし、一人だけではなく、みんなで
聞ける所も、大きな利点ですね。

震災時、情報収集する時に何が役に立ったかという質問に、
ラジオが一番役に立ったという意見が多かったそうです。

災害が発生した場所によっては、津波情報やお住まいの地域情報
といった重要な情報が、ラジオを通して発表される場合も多いです。

ラジオの良い点は、テレビやパソコンなどと比べて、
少ない電力で利用できる点があげられます。

電池や発電式のものでも、長い時間、情報を聞くことが
出来ますので、一家に一台は置いておきたいですね。

現在では、ライト付きのものや、サイレン付きのもの、手回し
充電可能なものなど、機能が充実していますので、

いろいろとお調べになると良いと思います。