スポンサードリンク

災害時の避難場所

・一時避難場所

地震に伴い、火災などが発生した場合には、

地元の自治会や家庭などで決めている、

一時避難場所(空き地、小公園、学校等)に避難し、

一旦、様子を見ましょう。

 

・広域避難場所

地震の時、同時に火災が発生し、周囲に燃え広がった場合、

自治体や地域で指定する広域避難場所に、

自治体などの指示に従い避難しましょう。

避難の際は、幹線道路は緊急車両以外は通行止めとなるので、

徒歩で移動しましょう。

 

・避難所

地震などで家やビル、マンションなどが倒壊、焼失した場合は、

各自治体が指定する、小・中学校などに開設される避難所に、

自主防災組織などの指示に従い避難しましょう。

 

・福祉避難所

避難生活において、特別な配慮を必要とする人を対象とする避難所です。

避難所等での生活が著しく困難な人を対象に、本人の状態や

避難生活の状況、福祉避難所の開設状況や受入可能な人数等を

踏まえ、市災害対策本部(災害時要援護者支援班)で受入の

調整を行った上で、避難していただきます。

 

・拠点救護所と救護所

大地震等で、多数の負傷者が予想される場合は、

拠点救護所と救護所が開設されます。

拠点救護所と救護所では傷害の度合いによる優先度を判断して、

重い患者から医療施設に搬送します。

 

・避難する際の注意点

長袖、長ズボン、丈夫で履き慣れた靴

手袋(軍手)、防災ずきん(ヘルメット)着用

持ち物はリュックサックなどで背負い、両手は空けておく。

高齢者や身体の不自由な方、病気の家族は車いすで。

乳幼児はおんぶする。

普段から車椅子やおんぶ帯を用意しておきましょう。

寝たきりや重病の家族がいる家では、予め自主防災組織や

自治会等に支援を申し出ておきましょう。

避難は徒歩が原則です。車、バイク、自転車は控えましょう。

 

・家から避難する前にチェックしよう

ガスのメーターコック(元栓)を閉めましょう。

電気のブレーカーを切りましょう。

大地震対策としては、感震ブレーカー等の事前設置も有効です。

ストーブ、線香、たばこの吸い殻、焚き火など火元をチェックします。

外出中の家族に避難先などの伝言、メモを残しましょう。

雨や風で消えないように工夫しましょう。