スポンサードリンク

熱中症にはご注意を

熱中症は、直射日光の下で気温の高いときに、スポーツや屋外作業をする時などに
起こると思われがちですが、暑さに体が慣れていない梅雨明けや、
運動慣れしていない学生、蒸し暑い室内で過ごす方などにも起こり得る症状です。

深刻な症状に陥った時には、生命に関わることもありますので、
正しい知識を身に着け、熱中症対策を心掛けましょう。

熱中症の種類
・熱失神
高温により、血管が拡張し血圧が低下することにより、
脳血流が減少して起こる。
症状としては、めまい、失神、顔面蒼白

・熱痙攣(けいれん)
大量の発汗で、血液中の塩分濃度が低下した時に、
足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴う痙攣が起こります。
症状としては、足、腕、腹部のつり、筋肉の痙攣

・熱疲労
大量の発汗で、水分の補給が足らず、身体が脱水状態になり、
熱射病の一歩手前で危険。
症状としては、大量の発汗で皮膚が青白い、倦怠感、嘔吐、頭痛

・熱射病
水分、塩分不足から、体温の調節機能に異常をきたした状態。
非常に危険で、救急車の手配など、緊急な対応が必要。
症状としては、体温が高く、意識障害、刺激への反応が鈍い、不自然な言動

 

熱中症のメカニズム
通常、人の身体の中では体温を調節する機能が働いています。

例えば、体温より気温が低ければ、空気中に熱を逃がしやすくなり体温の上昇を抑えます。

また発汗することで、汗が蒸発する時に気化熱が働き、体温をコントロールします。

しかし体温より気温が高くなった場合、空気中に熱を逃がすことが難しくなり、
湿度が高い場合、発汗による、気化熱も機能しなくなり、
体温調節のバランスをコントロール出来なくなってしまいます。

 

熱中症にならないために
熱中症になりやすいのは、暑い日、暑い場所だけとは限りません。
普段から熱中症予防を心がけましょう。

・体調を整える。
睡眠不足や体調不良の時には、暑い日中の外出や運動は控えましょう。

・服装に注意する。
通気性の良い服装を着て、直射日光を避けるため、帽子をかぶりましょう。
帽子の中も熱がこもりやすいので、定期的に放熱してください。

・こまめな水分補給
喉が渇いたと感じた時には、既に水分が不足している状態です。
こまめな水分補給と塩分補給をしましょう。
スポーツドリンクなど、オススメです。

こんな日・場所では要注意!
気温、湿度が高い
風が弱い
日差し、照り返しが強い

 

もし熱中症にかかってしまったら
十分に注意していても、熱中症になってしまうこともあるでしょう。
そんな時は、一刻も早く対応することが重要です。

・身体を冷やす
・水分を補給する
・涼しい場所に移動する

炎天下や暑い場所に長くいる間は、自分で気をつけるのはもちろん、
周りにいるの人同士で気をつけ合うことを心掛けましょう。